继2月18日3艘中国海警船在尖阁诸岛(钓鱼岛)附近游荡後,今天19日凌晨再有2艘中国海警船靠近。日本国会议员等150人紧急开会讨论尖阁诸岛局势,美军同日本防卫省讨论尖阁诸岛最新情况。尖阁诸岛附近很可能有潜艇正在暗战

在日本7.3级地震後,来自上海,宁波,青岛的4艘中国海警船仍然在尖阁诸岛(钓鱼岛)游荡甚至进入。继2月18日3艘中国海警船在尖阁诸岛(钓鱼岛)附近游荡後,今天19日凌晨再有2艘中国海警船靠近。
美军同日本防卫省讨论尖阁诸岛最新情况。防卫省は、山崎幸次二统合幕僚长と米国军のミリー统合参谋本部议长がテレビ会议形式で会谈したと発表した。
日本国会议员等150人紧急开会讨论尖阁诸岛局势。「来年2月の北京冬季五轮が终われば、中国が尖阁を夺いに来る悬念がある。今こそ、那覇市に自卫队と在冲縄米军との共同作戦本部を设置するなど、手を打っておくべきだ。日本政府は腹をくくるべきだ」
自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を护る会」干事长の山田宏参院议员はこう语った。 紧急集会は、中国による尖阁诸岛や冲縄本岛での暴挙や问题行为について警钟を鸣らす活动を続けている一般社団法人「日本冲縄政策研究フォーラム」(仲村覚理事长)が主催し、约150人が参加した。
昨天及今天凌晨,尖阁诸岛附近很可能有潜艇正在暗战。

2021年2月19日 AM 4:30